2008年09月18日

出産予定日は決まるか!?

36週の最終日に検診に行き、出産予定日が決まるはずでしたが、検診の結果、「子宮口がまだ開いていないために今週決めるのはよしましょう」と言うことになりました。少し残念な気もしますが、まだ生まれる準備が整っていないのであれば、整ったところで決めるのが自然な流れです。

計画無痛分娩ではなぜ事前に出産予定日が決まるのか。

計画無痛分娩の場合、本当に理想的なのは「今からお産が始まります」というタイミングで計画無痛分娩を支えるスタッフが完全に揃っていて、移行する状態です。しかし、現在の日本の医療制度ではよほどのお金持ちでもない限りそれは出来ません。なぜならお産は当然いつ始まるかわからないため24時間体制を取らなくてはいけないからです。

計画無痛分娩を支えるスタッフとは、麻酔医を含めた3名の医師と複数の看護士・助産士、それに緊急時にいつでも帝王切開に移行できる設備です。これを24時間体制で維持することはシロウト考えでも難しいですよね。絶対に事故を起こさないためにこれだけの環境を整えてからしか受けられないと聞きました。それでも「お産」自体のリスクを完全に排除することは出来ないそうですが。

また来週検査することになっていますので、そこで決まるのではないかと思います。


posted by たまたろ at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
Posted by サトシ at 2008年09月21日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。